賃金やコバルトなどについて勉強していました

物質について実践をしました。賃金(Au)は、色は黄金だ。状態は固体だ。密度は19.32(g/立方センチメートル)だ。銀(Ag)は、銀白だ。状態は固体だ。密度は10.50(g/立方センチメートル)だ。酸化銀は、色は暗褐色だ。状態は固体だ。密度は7.220(25℃)だ。硝酸銀は、色は無色だ。状態は固体だ。密度は4.35(g/立方センチメートル)だ。クロム(Cr)は、色は銀白だ。状態は固体だ。密度は7.19(g/立方センチメートル)だ。ケイ素(Si)は、色は灰色だ。状態は固体だ。密度は2.3296(25℃)だ。二酸化ケイ素は、色は無色だ。状態は固体だ。密度は2.65(g/立方センチメートル)だ。コバルト(Co)は、色は灰白色だ。状態は固体だ。密度は8.9(g/立方センチメートル)だ。このようなことを覚えましたが、知らないことばかりだったので勉強になりました。

大掃除は細かい所もきれいに・小物アイテムですっきり

12月はお掃除の季節、キッチンやお風呂場などの水周りは日常的に掃除していますが、年越し前は隅々まですっきりがいい。
お風呂掃除のメインは浴槽や蛇口周り、排水溝から下のパイプも洗浄剤使用するとお水の流れがよくなりますね。

配管は洗剤使って一定の時間を待って流せばいいのだけれど、この箇所のフタは仕様として細かいのでお掃除するにも工夫が必要です。
フタの部分はお水を流すというコンセプトで作ってあるので、細かい所がお掃除の要所、古歯ブラシでも隅々までという感じにならないので掃除法を考えた。

デンタルケアの小物ならばタフトの古くなった物とかいい気もしますが、黒ずみをすっきりという点では綿棒がベストかなと思う。
安値という100均の綿棒は先端が細いし、排水溝のフタの間をちゃんときれいにできそう、値段の高い綿棒はやや太いので使えないかも。

安い商品でもいい効果を発揮することがあるもの、黒い物も湿度でふやけるのかさらっと流れた部分もあった。
年末時期なのでこういう細かい箇所も大掃除のピンポイント、ちょっとだからと遣りすごしていたけれど、きれいは気持ちのいいものです。背中 脱毛

蜃気楼と各種形の鏡について勉強した

蜃気楼などについて授業をしました。様子中に優しい様子と白々しい様子が居残るタイミング、様子の境界一部分で灯の屈折が起き、蜃気楼が生じることがあります。白々しい様子のセンターを直進する灯もあるので、実際の風景本人も見ることができます。次は、各種鏡について授業しました。鏡には、鏡(平面鏡)とカーブミラー(凸面積)とパラボラアンテナ(凹面積)があります。鏡(平面鏡)は、像は鏡をはさんで対称の周辺に見える。カーブミラー(凸面積)は、広い範囲の灯が呼べるので、でかいを見ることができます。パラボラアンテナは、入ってきた灯は居残るアクセントに集まります。遠くからの灯や電波を集めて、小さいがはっきりとした像を得ることができます。地球には、1食い分辺りお日様から平均1c�u辺り約8.2ジュール(1.96カロリー)の熱が降りそそいである。このようなことを授業しましたが、知らないことがたくさんあったので、知れて良かったです。脱毛ラボ 単発

MusicTVなど色んなテレビ番組を見ていた

22ポイント過ぎ前からプログラムされていたBGMテレビ局を見ました。好きなミュージシャンの新曲を見れたりして、凄い嬉しかったです。次は、23ポイント過ぎくらいからプログラムされていた顔ぶれテレビ局を見ました。ラップ講習というのがあることにびっくりしました。いろんな人が来ていたのですが、サラリーマンのやつなどもいました。そして、次に色んなランキングをやる番組を見ました。こういう番組は久しぶりに見たのですが、今回は呼物結婚ソングのランキング最高13をやっていました。分かる曲ばかりランクインしていました。余興で現在流行っている曲をやるところがありました。見ていて面白かっただ。そして、ラジオテレビ局を聞きました。こういうラジオテレビ局は、最近は思い切り聴いてあるラジオテレビ局なのですが、聴いていて知れて良かったと思うようなことを話すことがあるので、聴いている。BGMテレビ局のゲームのときに発声勉学をやる人のことなどを話していました。

年賀状に大きい画像サイズを小さくして取り込むためにパソコン教室で教えてもらう

毎年年賀状を作る時には、その年に撮った写真を取り込んで作っています。 無料の年賀状作成ソフト使い、画像を取り込もうと思ったら取り込めない。画像のサイズが大きくて入らないとコメントが入ってカットしたら意味ないし、方法が浮かばず困っていたら、夫の提案で近所のパソコン教室へ行くことになりました。近所の顔見知りの奥さんが主宰している小さな教室ですが、連絡していったところ3人ほどがパソコンの画面に向かって作業中で、主宰している奥さんから指導を受けていました。私たちの持ち込んだノートパソコンにもWi-Fiのパスワードを入力してインターネットにつながるようにしてもらいました。 この写真をサイズを変えたいのだけれどというと 編集画面でサイズダウンが出来そうもないから ダウンできるソフトを使いましょうと提案されて、 検索エンジンで出たソフトをダウンロードして説明してもらった手順どうりに進めていくと希望の画像が取り込めました。 

何事もバランスが悪いのはおかしく見えます

鹿児島県内の、オープンしたてのレストランや居酒屋とか、話題の店などを紹介する番組があります。私は結構見ていて、気になる店があれば行ってみたりしています。
新しいフレンチのお店を紹介していました。
狭い感じの店ですが、落ち着いた感じで、穴場として紹介されていました。
しかし、出された食事を見て、何となく違和感を感じました。
最初はそれが何故か分からなかったのですが、途中で食器と料理のバランスが悪すぎる事に気がつきました。
大きいお皿に、料理がちまっ、と乗っています。
レポーターの人も、出された料理の乗った皿を見て、
「優勝力士の盃のようですねえ!」と感想を述べていました。
食器はオシャレで、あまり他では見ません。シェフは、アート作品を創るような気持ちで作っている、と言うことでしたが、あまりにもバランスが悪く、非常に食べにくい、どこから手をつければいいのか分からないものになっていました。
あまり懲りすぎるのも考えものだなあ、と思いました。

調整のしくみなどについて学習をしていました

緩和のしくみなどについて練習しました。うすい塩酸にBTB溶液を数字滴付け加えます。うすい水酸化ナトリウム水溶液を加えていくと液は中性になります。一層うすい水酸化ナトリウム水溶液を加えていくと、液はアルカリ性になります。中性の液を蒸発させて、顕微鏡やルーペで観察すると、塩化ナトリウムが残ります。発生した塩化水素と水酸化ナトリウムを手答えさせます。塩化コバルトペーパーが青色から赤色に変わることから、水ができたことがわかります。酸とアルカリを混ぜ合わせるとたがいに打ち消し合います。これを緩和といいます。次は、紫キャベツ液を使って画図をかく職場についてだ。紫キャベツ液を画用紙にぬって乾かします(3回くり引き戻す)。僕のまわりの水溶液を用意します(酸性・中性・アルカリ性のものを何やかやまとめる)。えんぴつで草本をしてから画図をかきます。ためしぬりをしてみると、いかなる色調になるのかが想像できます。またおんなじ液でも水で薄めると、ちがう色調を出すことができます。知らないことが知れて良かったです。

100円店頭に延々とおもうことがあって

100円店はきちんと行きません。行くとしたら、たとえば、ファイルやニュース入れ、元気雑貨(イボイボの足踏み)などですね。食材はとても買いません。お菓子なんて、チェーン系のドラッグストアや超絶のほうが安いですからね。枚数十円ですが。だから、ホームセンターでは大きいものを100円店を利用します。タッパーなんかもそうですよね。ホームセンターでは200円300円しますからね。それで前々から、おいおいと思っていることがあり、それはちゃっかり、500円とか1000円とかの物品があるんですよね。せこいから、そういったのは一度も買った主旨ありませんが、せこいぞと言いたいですよね。お、コイツいいと思ってたら500円だったときの、あの、むかつき。100円店をうたっているなら、100円で貫きとうせと言いたいですよね。そこははなはだせこい主旨しないで、店名にやるぐらいなんだから、それはまずいでしょと言いたいですね。